痔核(いぼ痔)の進行度

 

いぼ痔は進行度によりⅠ度からⅣ度に分類されます。

 

Ⅰ度


 

出血が主な症状でいぼ痔の肛門外への脱出はありません。 内痔核が腫れており便がこすれて出血します。 この段階では患者さんは出血に対する不安から医療機関を訪れます。そこで肛門の診察ではじめて内痔核の存在を知ることになります。
 

Ⅱ度


 

排便時にいぼ痔が肛門外に脱出するのを自覚するものの自然にいぼ痔が肛門内に戻る状態です。 内痔核の土台の粘膜がたるむことにより便に押し出されて脱出するようになりますがまだ自然に戻る力があります。 この段階では患者さんは排便時に脱出する内痔核の存在に気づいています。わずらわしさを感じたり残便感や出血に対する不安から医療機関を訪れます。

 

 

Ⅲ度


 

排便時に脱出したいぼ痔を指で押し戻すようになります。 内痔核の土台の粘膜がたるんでしまっている為便に押し出されて脱出した痔核が自然には元に戻らなくなる状態です。 この段階では患者さんは排便時に脱出する内痔核に対しかなりわずらわしさを感じてきますので、どうにか治せないものかと悩むようになってきたり、残便感や出血に対する不安から医療機関を訪れます。

 

 

Ⅳ度


 

排便に関係なくいぼ痔が脱出してきてしまう状態です。 内痔核の土台の粘膜が緩みきってしまっているため排便に関係なく痔核が肛門外に脱出するようになります。 この段階では患者さんは脱出する内痔核に対し軟膏や姑息的な手術などを経験しており、すでに手術を覚悟されて医療機関を訪れる方が多いです。

 

 


 





このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています