裂肛(切れ痔)


一般に切れ痔と呼ばれるもので、便秘などが原因で硬い便がでたりした場合などに、肛門部が切れることによって生じます。

 

 


 

裂肛になると、歯状線よりも外側には痛覚があるため、多くの場合、排便時に鋭く強い痛みが生じます。
また排便時以外には痛みではなく痒みを感じることもあります。痔核と比べると出血量は少なく、トイレットペーパーで拭いた時に少量の鮮血が付着する程度です。
軽度の裂肛は、緩下剤(便を軟らかくすることを目的とする弱い下剤。軟便剤)や外用薬などで治療します。
排便時に鋭い痛みがあるため排便を控え、排便を控えることが便を硬くしてしまい、硬い便が出ることでさらに切れて痛むという悪循環に陥っしまう場合があります。
放置すると慢性化してしまい、肛門の緊張が非常に強い場合には、肛門括約筋を伸ばし(切開は行わないで)肛門を広げることもあります。
また稀に肛門括約筋を僅かに切開するという手術を行う場合もあります。しかし基本的には薬で治すことが一般的です。
慢性化(常に同じ場所が切れ、傷が深くなる)すると、肛門狭窄(肛門が細くなること)を起こすことにより、さらに切れやすくなる。
慢性化した裂肛周囲には肛門ポリープや見張り疣とよばれる突起が出来やすくなり、
さらには化膿して痔瘻を生じることもあります。痔瘻を生じると、痔瘻が原因で癌になることもあります。
肛門狭窄を合併するような裂肛では手術が必要な場合もあります。

 

 

>痔ろう(あな痔)
 





このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています